育児

【体験談】妻がコロナ禍で出産、普通の出産とは何が違う?

妊婦

 

こんにちは。だーぱぱです。

この度、妻が緊急事態宣言の真っ最中の5月に二女を出産しました。

今回は、そのコロナ禍での出産の体験談を出産前~入院~退院に分けて紹介します。

 

コロナ禍で出産を迎える方にとって、少しでも参考になれば幸いです。

 

出産前

我が家では2人目となる二女の出産予定日のおよそ1ヶ月前、緊急事態宣言が発出されました。

 

妻は、長女の出産は里帰りでしたが、二女の出産は里帰りはしませんでした。

なぜなら、里帰りすると長女の幼稚園の入園に間に合わなかったからです。

 

妻は、里帰りしない代わりに、どうしても無理な場合は、実家の両親からフォローを受けようと考えていました。

ところが、新型コロナの感染リスクが怖いため、実家からのフォローが難しくなってしまいました。

 

更に悪いことに、新型コロナの影響で幼稚園の入園が6月まで延期されました。

長女の幼稚園が始まれば、昼間は余裕ができると踏んでいましたが、こちらも当てが外れてしまいました。

 

新型コロナのせいで、計画通りに事が進まず、精神的に負担になっていたのではと思っています。

 

また、もし新型コロナに感染してしまった場合は、胎児への影響はないと言われていますがそれでも心配ですし、出産も帝王切開になるので、とにかく感染しないか不安でした。

 

 

ただ、不幸中の幸いだったのは、緊急事態宣言で私が4月から原則在宅勤務になったことです。

通勤時間の3時間が無くなったので、その時間で長女をみたり、家のことをする時間ができました。

また、もし予定日前に急遽出産になっても、妻の入院のフォローができる状態になりました。

 

そして、私が出産日から2週間の育休を取得できる事になったのも、不幸中の幸いでした。

 

ポイント

コロナ禍の出産で実家のフォローが受けられない場合は、

  • 夫に短い期間でも育休を取得してもらう
  • 夫に一時的にでも在宅勤務をしてもらう

といいかもしれません。(可能であれば)

 

入院

早朝に妻の陣痛が始まり、長女を連れて病院に向かいました。

病院に到着すると、まず看護師の方が新型コロナの問診と検温を実施しました。

※今は事前にPCR検査も実施しているそうです。

 

その後、本陣痛が始まっている事がわかると、看護師の方から、

「旦那様とお子様はお帰りください。」

と言われ、私はすぐに家に帰る事になりました。

新型コロナの感染予防のために、立ち会い出産は禁止されているためです。

 

後で妻から聞きましたが、分娩中もマスク着用していたそうです。

病室内も原則マスク着用だったそうです。

 

また、当然ながら出産後の面会は夫でもできません。

そのため、妻の入院期間中は、Lineで二女の写真や動画を送ってもらっていました。

 

病院は、新型コロナに感染した妊婦さんが無事に出産した実績があり、

さすがに新型コロナ対策は万全でした。

が、なかなか会えなかったため、出産の実感が湧きにくかったのも事実です・・

 

あと、夫の立場として大変だったことは、妻が入院中の家事と長女の世話でした。

特に長女に母親になぜ会えないのか理解してもらうのに苦労しました。

とにかく、密にならない公園などで遊ばせて気を紛らわしていました。

 

ポイント

コロナ禍の出産では、

  • 夫でも立ち会い・入院中の面会は禁止
  • 可能なら、新型コロナ対策が万全な病院の方が安心
  • 他に子供がいる場合は、入院中をどう乗り切るか事前に考慮すべき

 

退院

退院する時も、妻が入院している産科病棟には入ることはできません。

 

なので、妻と連絡を取り合い、どの位の時間に退院するか確認した上で、

産科病棟の入り口で、30分ほど長女と待っていました。

 

最後までコロナ対策がしっかりしていました。

 

まとめ

コロナ禍の出産は普通の出産とは以下が違いました。

  • 夫でも立ち会い・入院中の面会は禁止
  • 入院時に新型コロナの感染チェック、感染の場合は帝王切開になる
  • 分娩中もマスク着用

 

もし、新型コロナの影響で親のフォローが受けられない場合は、できる限り夫の協力が必要だと思います。例えば、

  • 夫に短い期間でも育休を取得してもらう
  • 夫に一時的にでも在宅勤務をしてもらう

 

そして、可能であれば、新型コロナ対策が万全な病院の方が安心です。

 

-育児

© 2020 だーぱぱ